• DR.NO DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター POWER-オーバードライブ

    DR.NO DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター POWER-オーバードライブ


    DR.NO POWER DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター

    パワー・ドライバーMk-II(オーバードライブ)
    DR.NOのこの”赤いモンスター"は、”緑のやつ”に取って代わるスタンダードになる!!
    オーバードライブ・ペダルには多くのフォームやカラー、シェイプが存在する。あらゆるブランド、ブティーク・ビルダー達はいずれも差別化やアップグレードによって独自のオーバードライブを作り出すことを余儀なくされているからだ。なぜなら、それはプレイヤーのペダル・ボードの中で最も使われる頻度が高いためでもある。
    そして世界で最も使われていて皆が求めるオーバードライブ・ペダル The Holy Grailの別名を持つ それが、初代は1970年代に産み出された”グリーン・カラー”で有名な IBANEZ / TS808 だ。
    この伝説的なチューブ・スクリーマーのサウンドはその後の数多くのプレイヤーを虜にする。ほぼ全てのギタリストが持っている、あるいは一度は所有したことがあるだろう。
    一方、チューブ・スクリーマーでは物足りない点として、やや模糊とした音像と、時に必要とされるサウンドのエッジが得られない、という声が聞かれることがある。

    そのような課題へのDR NOからの答えが、このオーバードライブ、“パワー・ドライバー Mk-II” だ。
    これは、”グリーン・カラー”の TSへの答えとして、”レッド・カラー” の The Holy Grail として将来呼ばれることになるだろう。”レッド・カラー”が象徴する怒りや叫びの感情こそが、音楽とロックに必要なもの。そのオーガニックで、ウォームなオーバードライブ・サウンドは、どのプレイヤーもこれまで経験したことの無いと感じさせ、ペダル・ボ ードに必ず加えたくなるはずだ。

    ・100% “Handcrafted” Analog Circuitry
    ・Made in Netherlands

    【仕様】
    コントロール:DRIVE, TONE, VOLUME, TYPE1-2
    サイズ(mm)/重量(g):111mmW x 119mmL x 55mmH / 347g
    ※必ず9V/センター・マイナス仕様のACアダプターもしくはパワー・サプライ等を別途お求めの上、ご使用ください。また当製品は、筐体内に乾電池を格納し駆動できる仕様の製品ではございません。

    ■コントロール
    DRIVE:オーバードライブ(歪み)の量を調整します。右へ回すほどオーバードライブがかかります。
    TONE:高音域を強調したりカットしたりして音質を調整します。右へ回すほど高音域の通りが良い音質になります。
    VOLUME:エフェクターからの出力量を調整します。右へ回すほど大出力となり、音量が大きくなります。
    TYPE1-2スイッチ:2種類のオーバードライブ・サウンドのどちらを選択するか切り替えるミニ・スイッチです。
    TYPE 1(手前側):通常のオーバードライブ・サウンド
    TYPE 2(奥側):ブーミーでファットな オーバードライブ・サウンド

    ARP ODYSSEY-M Rev1 アナログシンセサイザー

  • DR.NO DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター POWER-オーバードライブ 

    DR.NO DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター POWER-オーバードライブ


    2016年10月25日(火)、28日(金)、30日(日) 東京文化会館
    「ワルキューレ」
    2016年11月6日(日)、9日(水)、12日(土) 東京文化会館
    「フィガロの結婚」
    2016年11月10日(木)、13日(日)、15日(火) 神奈川県民ホール

    YAMAHA PSR-S670 PORTATONE 電子キーボード

  • DR.NO DRIVER MKII オーバードライブ ギターエフェクター POWER-オーバードライブ

    海のハンター

    海のハンター展 恵み豊かな地球の未来

    ROLAND JUNO-DS88 シンセサイザー

    「ホホジロザメ」の全身液浸標本、日本初公開!!
    ホホジロザメやクロマグロ、シャチなど「海のハンター」と呼ばれる生物は、多様な生態系の中で獲物を上手に捕らえることができるように適応し、食物連鎖の頂点に立っています。本展はこれら「海のハンター」と我々人類の営みとを「捕食」を通して関連付け、豊かな恵みをもたらす海の未来を考える科学展覧会です。